ravie -ラヴィ-

 

 

 

 

 

 

これまでの注文住宅は、変更の度に見積もりがあり、『いくらいるのか?』がわかりませんでした。

【ラヴィ】は本体工事・付帯工事・建築に必要な諸経費はもちろん、照明などもオールイン。

ワンプライス総額表示の「見える価格」なので、お金の不安が解消できます。

 

 

 

 

 

省エネ性・断熱性・デザイン性・耐震・耐火性など、人によって、大切にしている価値観は違うと思います。私達が特に重要と考えているのが「室内の空気」です。室内の空気環境を良くすることで、その家で暮らす家族が健康な毎日を過ごせます。それこそが家族にとって、一番の価値になるのではないでしょうか。人が一生のうち、もっとも多く取り込む「室内の空気」。ご家族が健康に暮らすために、飲み物や食べ物を選びますが、呼吸する「空気」はどうでしょう?空気も選ぶことのできる時代です。家の中で過ごす時間も長いことから、室内の空気環境が大切さを再認識してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

室内の空気が汚れる主な原因には、ハウスダストや建材から放散される化学物質などがあげられます。化学物質は取り除かない限り空気を汚染し続けます。場合によっては人体に健康被害を及ぼすことがあります。その「空気」を作っているのが、室内に使われる建材なのです。「建材選び=空気選び」と考えることが、思わず深呼吸したくなる、きれいな室内空気にすることができます。

 

 

 

この度、ウイルスを「無添加住宅オリジナルしっくい」に付着させる試験を行い、「5分間でウイルスを100%不活化(死滅)する」ということが、バイオメディカルサイエンス研究会の試験結果で明らかになりました。

 

※今回の試験に使用したのは、ヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)です。  また、今回の試験は、「テストピース」を用いたもので、建物の性能を示すものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

接着剤や塗料から揮発するホルムアルデヒドという発ガン性物質が高気密の家中に充満し、その有害物質が原因とされる人体への症状を「シックハウス症候群」といいます。漆喰は接着剤を使わず、しかも有害物質を吸着し分解します。また、燃えないため有毒ガスもでません。毒を出さない唯一の建築素材です。

 

 

 

アトピーなど、アレルギー疾患の多くの原因はカビです。それを餌にする大量のダニなどがアレルゲンとなり症状を引き起こします。漆喰は調湿性能が高く、高い殺菌力もあり結露しにくく、原因であるカビの発生を防ぎます。さらに臭いや菌を吸着し分解する作用もあり、ペットやタバコの臭いも全くしません。

 

 

 

 

 

 

 

香りの成分であるα-ピネンの吸入によって心拍数が安静時よりも2.8%有意に低下します。このことは木の香りが生理的リラックス効果をもたらしていることを意味します。さらに木は光と音波を乱反射させるので、眩しさを軽減し音も反響しにくくうるさくなりません。木は心を落ち着かせるだけではなく、目にも耳にも優しい素材です。

 

 

 

木材はたくさんの空気を含める構造をしているため、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保つ性質があります。さらに熱伝導率も低く、コンクリートの約2倍もの断熱性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


より高い気密・断熱性能、施工品質を全棟で標準化。

確実な施工と品質を実現するために、

ウレタン吹き付け断熱を採用しています。


 

23℃になったリビングの暖房を夜11時に消して、無暖房状態にし、朝5時に温度が16℃程にしか下がらないお家です。就寝時に寝室の室温が10℃以下にしないことが健康・寿命に大きく影響するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震等級だけでは測れない地震への強さ。 水平に強い直下率、回転に強い偏心率が 躯体の強度を底上げする。

 

 

 

 

 

 

地震の多い日本で安心して暮らすためには、住まいの耐震性がとても重要ですが、「漆喰と無垢の家」は、国が定めた住宅性能表示制度の最高ランク「等級3」の基準をクリア。また、壁・柱の直下率向上を図る独自の設計手法により、構造の安定とバランスを考慮した設計を行う事で、地震などの災害から大切な家族と財産を守ります。(注:お客様のプラン要望に応じて耐震等級が変わる場合があります。)

 

 

 

 

 

構造は住宅金融支援機構が定める省令準耐火構造。火災に対し優れた性能のお家です。燃えにくい構造の省準耐火構造だと、お家を購入するときに必要不可欠な火災保険がかなり減額になりお得です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ