ページトップへ

無添加住宅

世界で一番自然に近い家「無添加住宅」

 

 

健康に暮らせることの大切さ

末長く家族が健康で豊かに暮らせる家を建てたいと思うご家族へ知って欲しいこと。
化学建材や接着剤、塗料に含まれる有機溶剤などの化学物質が原因で人体に悪影響をもたらす病気に、シックハウス症候群や化学物質過敏症などがありますが、私達は安心して暮らせるように、人体に害を及ぼす可能性のある化学物質をできる限り排除し、安全な住環境にこだわり「食べられる家」とまで言われる無添加住宅を基本とした考え方で、皆さまに価値のある住宅をご提供しています。

接着剤の代わりに集成材には米のり、塗装には柿渋。全て自然から取れるものです。素材の安全性と共に構造的な強度も同時に保たなければならず、施工には様々な工夫を必要とし、ひとつ一つの家に手間と時間がかかります。それでも家づくりの手間を惜しまないこと。それはこれからの家づくりに求められる重要なことなのではないでしょうか。

また、漆喰塗りの深みと風合いのある白と、天然木の自然の優しい色合いがお互いをより魅力的に見せてくれる。華やかさはそこには無い。しかしとても素朴なその印象は心に残り、いつまでも飽きる事が無い。

家づくりに手間を掛けるということ。そこに価値があり、豊かな暮らしを叶えると私たちは考えます。

 

自然素材でつくられた健康な住宅と末永くつきあうために、私たちからお客様へのお願いがあります。健康に暮らす為に選んだ自然の素材は施工後も呼吸し、それゆえ私達の健康を守ってくれるのです。また、年月と共に工業化建材は劣化しますが、天然素材は風合いのある美しさを増し、次の世代からもいつまでも愛し続けられる家となります。当然メンテナンスは必要ですが、自然の持つ優しさに自ら手を入れる事が、とても楽しくなります。これら天然素材の特性をご理解いただいたうえで建築をお考えいただければ幸いです。 

 

無添加の美しさ

厳選された優れた機能を持つ天然、無添加素材。健康にいいことはもちろんですが、古来から受け継がれている歴史ある素材です。

オリジナル漆喰 (外壁・内装・天井)

外壁・内装・天井と、家の全体にわたって漆喰を使用しています。漆喰(しっくい)とは消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた耐火・耐久性が高い自然の塗装材です。吸湿・放湿性に優れ、家の中の空気を浄化します。ビニールクロスでは得られないきめ細かい独特の質感と健康にあふれた住まいを、自然の生きた素材によって実現させています。

天然無垢材 (フローリング)

汚れにくいという理由からウレタン塗装が望まれてきましたが、無添加無垢材は無塗装が基本です。塗膜塗装をしないで使ってこそ、そのよさが現れます。無垢材は呼吸をし、空気中の湿気を調節してくれます。木の中に多くの空気を含んでいるため断熱効果があり、夏はひんやり冷たく冬はほんのりあたたかみを感じます。その質感はいつもやさしく、素肌で触れると塗装材との違いがはっきりとおわかりいただけます。万が一の火災時にも有毒なガスは発生しません。

クールーフ (石屋根)

クールーフは天然石である粘板岩を独自の工法で葺く石の屋根です。粘板岩とは、数億年にわたり泥質堆積岩が圧密された地層の地下深くで、地殻変動によってもたらされた高温・高圧によって生じた岩石です。この岩石は板状に加工しやすく、建築材料として古くからヨーロッパなどで屋根材として利用されてきました。数百年もの風雨に耐えて、現在にその美しさを保っているヨーロッパの街並には、欠かすことのできないものとなっています。

炭化コルク (断熱材)

断熱材には天然素材の炭化コルクを使用しています。コルクが炭化する時に樹脂が出てきて大きなかたまりとなり、それをスライスしたのが炭化コルクです。スペリンというう成分を多く含むため、防虫効果も持っています。コルクの防水性と、炭の調湿・防火性のいいところを併せ持つ素材です。もちろん燃えても有毒ガスは発生しません。

羊毛 (断熱材)

製造エネルギーがきわめて少なく地球に優しい羊毛断熱材。断熱、吸放湿、吸音性に優れ、しかも有害な化学物質もしっかり吸着し、空気を浄化します。しかも一度吸着したら再放出しません。そのうえ燃えにくく、くすぶるだけで、火源を取り除くと自然に鎮火します。燃えても煙や、有毒ガスもほとんどでない事も安心です。そのため羊毛は最も安全が求められる航空機の内部や消防服などにも使われています。

柿渋 (防腐・防虫・防カビ)

自然界には、植物自身が虫・鳥・カビなどから身を守るための「技」を持ったものが数多く存在します。無添加住宅では防腐・防虫・防カビに鳥居や投網の防腐に広く使用されていた柿渋をバルコニーや梁・建具、玄関ドアの着色に塗料として使用。安心で安全な、優れた自然素材です。 

米のり・にかわ (接着剤)

木材の張り合わせなどに使う糊は、米のりを用います。にかわは、動物の骨や皮を煮てできるコラーゲンを母体としたゼラチンです。現在では、食品や化粧品などに広く利用されていますが、昔は接着剤として使われていました。こうした接着剤で十分な接着効果と健康的な効果が期待出来るのです。

 

 

 

 

無添加素材の特徴を理解する

自然の素材は生きて呼吸し、お客様が健康で幸せに暮らすために日々あ頑張っています。無添加素材の特性を良くご理解頂き、愛着を持ってお付き合い頂ければ幸いです。

 

天然素材の特性を知る

無添加住宅に使われる天然素材の特性を知って、心地よい環境を保ちましょう。

 

適切なお手入れ

それぞれの特性に合ったお手入れを、適切なタイミングでお手入れ頂き、風合いのある美しさを楽しんでください。

 

定期的な点検

私たちが病院で定期健診を受けたり、自動車に定期整備点検が必要なように、住宅も定期的な点検が元気で長生きの秘訣です。

 

 

無添加素材の特徴

健康に暮らすために選んだ自然素材で作られた無添加住宅。 その特徴をご理解頂くことが、お客様が末永く快適にお住い頂くことへの 第一歩となります。 

石の色ムラ・ばらつき

無添加住宅で使用する石は自然石ですのでロットによっては、色や形にばらつきがある場合がございます。 それぞれ個性の違う天然石の美しさをお楽しみ頂ければ幸いです。

漆喰と木材との隙間

漆喰と木材の間にはほとんど必ずといっていいほど隙間ができます。これは無垢の木材が縮んだ事によるもので決して欠陥ではありません。壁全体が剥がれ落ちたりする事もありません。

床なり・隙間の可能性

生きた無垢材は呼吸しており、冬は湿気を放出し夏は湿気を吸収してくれます。ゆえに空気が乾燥する冬場は床板と床板の間に隙間が空きますが、梅雨時期になると元に戻ります。特に床暖房を設置する場合は注意が必要です。 無垢材の調湿作用による収縮により、多少の床鳴りや隙間は発生しますが、響くような高音は床がなじんでくると落ち着きます。 

色の変化 ・色ムラがあること

天然の木材は使い込むことや陽焼けによって時と共に変色していきます。この時間をかけた変化こそが風合いを楽しむということに他なりません。

カビの可能性

無添加住宅で使用する材料には、防腐・防カビ材などは使用していません。このため、室内空気環境によってはカビが発生することがあります。カビの発生は室内の湿度、温度が上がっていたり、汚れている事を表しているパロメーターとお考えください。新建材には体に悪い防カビ剤などが入っており、人に悪い環境になってもわからないことがあります。カビを見つけたら風通しを良くし、清掃を行うとほとんどの場合無くなります。

 

しっくいの味わいと汚れ

しっくい壁は10年以上経過すると味わいが出てくると共に、場所によっては目立つ汚れが出てきます。

しっくいの限度を除湿

しっくいは湿度を吸湿しますが、保水能力を超えた場合は結露を起こします。加湿器の多用はお控えください。特に引き渡し時期によっては、しっくいの中の水分が完全に放出していない場合がありますので、充分な除湿を行ってください。 梅雨時や夏場は除湿機などを活用して、適度な湿度を保つようお願いいたします。

 

過度の加湿に注意

無添加住宅の集成材は米のりで接着していますので、過度の加湿等によってごくまれに割れが生じる場合があります。その場合は、米のり(ご飯を練ったもの)とおがくずを混ぜて隙間を埋め割れを補修します。

 

 

虫の可能性

無添加住宅で使用する材料は防虫処理をしておりませんので、まれに下記のような虫が発生します。

キクイムシ・シバンムシ

これらは木に発生する虫です。このような虫はホウ酸水を注入して殺虫します。

シミ

これも薬剤などに非常に弱い虫です。ほこりなどを食べる益虫とされています。こまめな掃除や古いダンボールなどをかたづけると発生しなくなります。

チャタテムシ

薬剤に弱い虫です。人に害を及ぼす事はありません。こまめな掃除と除湿で減ります。しっくいが乾燥していない時などに発生します。大量に発生した時はアルコールなどでその場所を清掃します。

以上のように無添加住宅で使用する天然素材は、 工業化建材とは比べものにならないほどの個性があります。

 

(写真は10年経過した無添加住宅の一例)