お客様の声

地域別|すべての地域

【お客様インタビュー】夫婦の「好き」がぎゅっと詰まった平屋のお家。

岐阜市 S様邸

「『グランドピアノを置ける部屋が欲しいな』っていう夢があったんです」

 

そうやって嬉しそうに話してくださったのは奥様。
お家を建てたことで長年の夢を叶えることができたそうです。

 

マンション住まいだったS様ご夫妻は、ご主人のご両親から引き継いだ土地をお持ちでした。

選択肢は3つ。

1つ目は新しい家を建てる。

2つ目はリフォームする。

3つ目は土地を売る。

 

ご主人はリフォームを検討されていたところ、太陽光にも興味を持ちはじめられていました。
いろいろと調べているうちに、立地的に「平屋にして太陽光を載せるのに向いている」ということを知ります。
そして会社を探していたところ、弊社の営業担当(筒井)を紹介されたそうです。

※太陽光パネルが搭載された屋根

 

太陽光が先行されての「平屋」でもあったのですが、
マンション住まいに慣れていたこと。
そして、老後のことを考えると「やはり平屋が良い」とも思われたそうです。

 

また、マンション住まいの時は気を遣って弾きづらかった奥様のピアノ。
家づくりを始めた頃は「グランドピアノを(ご実家から)引き取ることは夢」と
思われていた奥様でしたが、打合せを重ねていくうちに「(土地も)角ですし思い切り弾けますよ」と担当(筒井)に言われたことで、
ある時急に現実味を帯びてきたとのことでした。

※ご実家から引き取られたグランドピアノ。天井が吹き抜けなので音も良く響きます。

 

ピアノ室の奥にはロフトに続く階段が。
ロフトはゆくゆくはピアノ教室や英語教室を開かれた際、
控室などに使う予定だそうです。

 

※控室以外にも、子供さんたちが帰省された時にも使える程の充分な広さです。

 

 

「壁は手作り感があるし、床がすごく温かい感じがする」

とおっしゃってくださったのは、ご主人様。

無垢フローリングは足の裏が温かくて、優しさを感じることから安心感を得られるそうです。

明るさについては日当たりはもちろんのこと、光を乱反射する漆喰壁のお陰で、
昼間でも電気を点ける必要はないとのこと。

また、断熱も効いているため夏も冬もほとんどエアコンを入れず、
冬場でも15分くらいかけておけば2~3時間持つそうです。

「性能については耐震を気にすることが多いだろうけど、断熱のことを考えるのもとても重要」とご主人はおっしゃっていました。



※明るいリビング。勾配天井になっているため開放感が得られます。
 エアコンも「もう少し小さいものでも良かったかも」とも。

 

※ダイニングとキッチンです。天井もキッチンの腰壁ももちろん漆喰塗です。

 

※パントリーの奥には奥様のワークスペースが。
 ここでミシンをかけたりパソコンをされたりするそうです。

 

※漆喰壁の光の乱反射。ダウンライトもとてもあたたかい印象の光に変わります。

 

「外構ができたら『オシャレな家』と言われるようになりました。

設計時にはエッジが効いてキツい感じの家かも、と思われていたご主人。
しかし外構ができた途端、近所の方々から「オシャレなお家ですね」と言われるように。

「砂利でこんなに変わるんだな」とかなり驚かれたそうです。

 

 ※色合いや大きさ。一口に砂利と言ってもとても個性があります。

 

漆喰と無垢に囲まれて、湿気や結露の心配もなく快適に過ごされているS様ご夫妻。
自然素材の心地良さから心が和やかになったそうです。
さらにご夫婦のやりたいことや夢なども盛り込んだことで、
毎日「面白いことないかな」と楽しみを見つけられながら過ごされているそうです。

こちらでもレポートを紹介しています。

施工事例はこちらからご覧いただけます。

 

地域別 - すべての地域 にある

その他のお客様の声

ページトップへ